Gorah's Wings

True Self True Life 今目覚めの時

腹をくくる人

先日、ほぼ初めてお話した方がいました。

面識はずいぶん前からありましたが、

私がもじもじしていて、話す機会がなかっただけなのですけど。

その方とお話ししていて、

ご自身はとても大変な目に合われているのですけど、

お話しているうちに、とても気分がよくなったんですね。

これは、どうしたのだろうと考えましたら、

その方は、開き直って、逃げも隠れもせずに、

腹をくくって、問題と向き合い、

次の目標にむかって全力で取り組んで、言葉もポジティブなんですね。

私もずっとどうしているか気になっていたのですが、

本当に、あらためて素敵な方だと思いました。

窮地に立たされた時こそ、

人は試されるし、そこが頑張りどころですね。

私もそうありたいと思いました。

立山登山に行ってきました!

今年も行ってきました

今回の立山登山は、いろいろなことに恵まれていました

雷や雨、ガスなどの合間を縫いながら、それらに会うことなく、登山を終了することができました


1日目 カルデラ展望台~弥陀ヶ原~室堂~一の越
2日目 一の越~雄山~一の越~浄土山~室堂

結構詰まったスケジュールでしたが、

全員怪我もなく、帰宅しました


メインの二日目は、

午前3時に起床して、岩を掴みながら登って、雄山を目指し、

頂上の雄山神社で、ご来光を拝むことができました

見渡す限りの山々を見てびっくりしたのは、

白山だけでなく、遠く富士山🗻も見えたことです


今まで何回か見たことはありましたが、

見えることは稀で、

同行した方と見ることができて、とても嬉しかったです。

登りの途中から、仲良くなった方に、

頂上で、自前のクッカーとコンロで淹れたてのコーヒーをいただき、

これまた至福のひととき。

剱岳やほかの山々も綺麗に見渡せて、本当に贅沢な1日の始まりを過ごしました。



雄山を後にして、一の越に戻り、

一の越から、浄土山経由で室堂に向かいました。

以前、浄土山に行ったときに、雷鳥の親子に出会ったことがあったので、期待は

案の定、浄土山山頂近くを歩いていたときに、発見

食事をしているところに遭遇しました


私たちがそばにいても、怖がる様子もなく、食事を続けていました。

そんなこんなで、なんとも盛り沢山なスペシャルなひとときをこの二日間で過ごしました。

もし、

二日間とも雨で、ご来光を見ることなく、雷鳥にも会えなかったとしても、

それはそれで、その時の何かしらの意味があると思うので、考察してみる価値はあるでしょう。

実際、そんな登山も時々あります

しかし、いずれにしても、


山に登って、自然の息吹を直接肌で感じるというのは、

現代社会においては、一部の方を除いては貴重な体験だと思います。

足元には大自然、空を見上げれば大宇宙。

「山に登ると、自分の悩みがちっぽけに感じる」

と、よく言いますが、本当にその通りだと思います。

大自然や大宇宙から見たら、個人的な悩みはたわいもないものに思えて、

もっと他に取り組むべきことがあるのではないかと考えさせられます。

日常生活は、下界、この社会で展開されるので、

ややもすると、このルティーン化された日常生活が普通のことで、

社会という歯車の一部に組み込まれている自分が、

本当の自分だと勘違いしてしまいがちですが、

実はそうではなく、

わかりやすく言えば、

高い山で感じるような、宇宙的な自分が本当の自分なのです。

宇宙的な本当の自分として、この人生を生きようとすると、

今と同じ人生を生きますか?



多分違うと思います。

私たちは、一人一人がさらに意識を広げて、

本当の自分を取り戻し、

宇宙的意識で生きる、その時がもう来ているのではないでしょうか。


イメージ 1



WhiteMountain

波動の世界で生きる

昼食時に、ちょっとした話をした。

テレビのニュースを見ながら、子供を育てることの難しさをシェアしていた。

以前から、身近な人がネガティブな言葉を話すということに心を痛めていた私は、

その場にいた職場の人に聞いてみた。

しかし、普通にそういう言葉は使うと、その場にいた二人からすぐさま返事が返ってきた。

え??

私は、非常に驚いた

ちょっと、待って!

すぐさま私は切り返した。

本当に??

うなずく二人。

きっと本気ではないにしろ、それでもそれを相手に発した瞬間、

相手にも影響がでてくると思われるのだが・・・

相手の状況によっては、死に至らしめるケースもあると思う。

それで、以前から知っている話をしてみた。


「水は答えを知っている(江本勝)」という本が、20年位前?に知られたと思うが、

水の氷の結晶化の形が様々なケースで変化を見ることができるというものだったが、

水に肯定的な言葉(例えば、愛しているとか)をかけた場合と

否定的な言葉(ばかやろうとか)をかけた場合では、

その形が肯定的な言葉では、美しい結晶となったが、

否定的な言葉では、いびつな結晶となるというのを引き合いに出した。

だから、人に手や足を出して危害を与えないだけではなく、

言葉による危害を与えないということも重要だということ。

自らの発した言葉が、いいものであれ、悪いものであれ、

波動となって、相手に何らかの影響を与えてしまうのだから。



そう伝えると、お二人はすぐに理解され、

今後はその言葉は使わないようにするとの旨を私に告げた。

こんなことを話す私ではありますが、

私も無意識に良くない言葉を使ったりしているだろうし、完ぺきではありません。

しかし、すこしでも良い方向にと考えて日々行動していますし、

そうすることが大事かと思っています



天を味方につける方法?

最近、天はどんな人に味方をするのかなと、考えていました。

言い換えるなら、どんな人が天としっかりとつながることができ、

天からのありがたいサポートを得て、

いい人生を生きることができるのか

ちょっと性格に難ありだと思うけど・・・

と思う人でも、なんだか天はその人に味方をしている(風に見えるし、きっとそう)。

性格に難あり、というのは、

つまり、いい人ではないということ。

もう一言付け加えるならば、

単純に私と合わない、ということ。

私の価値観に当てはまらない、それだけのことなんですけどね

でも、そんな人でも天はその人に味方している。

え~~っ

それで、どうしてそうなるか考えたんです。

私の今のところの見解なんですが、

その人というのは、おそらく意志が固い。

何かを成し遂げようとする意志。

その内容は、自分個人のこうしたいという思いではなくて、

世界のためにとか、友人たちのためとか、地域のためとか、

自分の生まれてきた目的、使命みたいな、

そういう大きいレベルの意志



その意志をはっきりさせて、それに向かって行動を起こし続けるならば、

天もそうして欲しいと思うから、その人に味方をするのではないか

天もそうして欲しいと思っているから、

そのような意志を固く持って、行動し続ける人に対して、

たとえ、多少性格に難ありでも、

大いに味方するに値する、ということになり、

それでサポートするのではないか、と思う。

それを第一優先にできるかどうかが、分かれ道なのかもしれません。



ただ、気を付けるべきかなと思うことがあります。

よくテレビを見ていると、

社会の頂点を極めた方々が、魔がさすというか、、、


社会的な制裁を受けるに値する行為をして、

最前線から後退するということがありますが、

見ていると、煩悩によって目が曇ってしまったのかなと思うことがあります。

最前線にいるからこそ、細心の注意が必要なのでしょう。

でも、一時後退しても、やり直しは効くと思っています。

失敗は成功の基。

失敗なくして成功はあり得ません。


日ごろから、煩悩に対処して、

自分自身をクリアにしていくということが、大切なのではないかと思います。


もし、自分が人間的に今一つだと思ったりしていたとしても、

人生をあきらめる必要はありません。

天に通じる強い意志をもって、行動し続けること。

そうすれば、きっと天はあなたに味方して、

自分が思い描くすばらしい未来を、招き入れることができるのだと思います



エゴを排除し、純粋な自分を取り戻すプロセスが始まる アデプトプログラム
8000年以上前から伝わる秘教 王侯貴族にだけ伝えられてきた 帝王学


イメージ 1


平成と別れ

平成が明日で終わり、新しく令和が始まる。

ただ、元号が変わるだけ・・・

そんなことはないようですね。

ここ数か月で、いろんなことがありました。


激しい破壊と再生

深い癒し

そして、改めて決断を迫られる・・・


この激しさに、慣れていたつもりでしたけど、

今回の流れは、大きなチェンジのようで、

私自身の中核が揺さぶられ、

何度も泣いて、

何度も自分に問いかけて、

自分の中の真実が見えてくる、

そういうことの繰り返しでした。

しかし、まだ終わっていないので、明日までまだ続くのでしょう。

今日は、朝から洋楽を聴いていますが、

こんなことは初めてで(もしかしたら30年ぶり)、

なぜか LOVE SONG なのですが、

聴きながら自分自身と向き合っています



まだ、死ねない。

私自身の生きている証、つまり美を表現しきれていないから。

まだ、成し遂げたいと思うことがあるから。

新しい令和。

新しい流れが始まる・・・






癒されたその先にあるもの

30年近く昔の、人生で一番のショッキングな出来事が、今年に入ってすぐに、前触れもなく癒されたと、しばらく前にブログに書きました。

しばらくは、思い出すと涙がとめどなくあふれてきて、

胸がいっぱいになっていたのですが、

それが落ち着いてくると、だんだん思い出さなくなっていきました。

思い出そうとしても、最近は思い出自体が風化してしまったようで、

以前のようにクリアに思い出せない。

ずっと、癒されたいと、心の整理をつけたいと思っていたのに、

いざ癒されると、なんともさみしいものだなと思っていました。


今日、ある曲が耳に入ってきて、

その曲は、あの頃のことを鮮明に思い出させる曲だったので、

久し振りに泣いてしまいました。

でも、今までの涙とは少し違う感じがしました。

今回は、自分自身のことがすごく理解できて、自分がいとおしくなりました。。。

再び癒されて…

なんだか、これで本当に完全に癒されて、やっと手放せる時期が来たのかなと感じます。

後ろ髪をひかれる自分もまだいて、そのたびに涙があふれてくるのですが、

多分しばらくしたら、落ち着いて、思い出そうとしても、思い出せなくなりそうです。

さみしく感じるところもありますが、

お互いに次の段階に進むその時が来たのでしょう。。。

今までそばにいてくれてありがとう。。。

本当にありがとう。。。